読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雇われ忍者のユーザー様訪問シリーズvol.01 ピクシブさん

こんにちは、Gyazoの雇われ忍者です。名前はまだありませんが、最近Twitter始めました。@gyazo_ninja見てね。

image

(↑忍者ど〜こだ?)



さぁ今回から始めます!雇われ忍者のユーザー様訪問シリーズ!

記念すべき第1回は…ピクシブさんです!

image

(↑絵馬がいっぱい!オフィスもとっても素敵!)

行ってきました、今話題のピクシブさん!!!ピクシブさんは、イラストの投稿・閲覧が楽しめる「イラストコミュニケーションサービス」 !幅広いジャンルの作品が投稿され、ユーザー発のイラスト企画やメーカー公認 のコンテストが開催されています。恥ずかしながら自分は使ったことがなかったので、訪問前にちょっと覗いてみましたが、二次元美女がたくさんでドキドキしました。。。(皆様よかったら検索してね。)



さて、今回お話を伺ったのはcatatsuyさんこと金子さんと高山さん。お二人ともエンジニア。文系の自分には分からない専門用語攻めでいじめられるのでは…と思いきや、見るからにとっても優しそうなお二人!!

image

(↑左がcatatsuyさんこと金子さん。右が高山さん。)


Q1.  Gyazoはどなたが使われているのでしょうか?

Gyazoは、おそらく社内全員が使っています。

エンジニア・非エンジニア関係なく使っています。プロジェクトでやりとりするときにはスクリーンショットがあった方がやはり話は早いし、ないとコミュニケーションロスが生まれる可能性があるので。できればスクリーンショットを貼る、もしくはスクリーンショット必須という部署もあります。入社したらすることのリストに、Gyazoのインストールというのも含まれています。」


なんと!!!今では入社時からほぼ全員にお使い頂いているとのこと!ありがたや〜

image

(↑左から弊社社長、金子さん、高山さん。文系の自分は金子さんに抱っこしてもらっています。)

Q2.  どのような用途で使われていますか?

「開発中の画面の共有、翻訳者とのやりとり、配信広告の共有、ユーザーサポートなど、本当に色んな用途に使われています。

ピクシブでの社内Gyazoなので、みんな"pyazo"と呼んでいて、スクリーンショットを撮ることを"pyazoる"と言ったりします。開発中の画面共有で、プルリクエストをするとき必ずスクリーンショットを撮らないといけない部署があるので、そのときは必ずpyazoを利用しています。あと、配信広告については、ウチの規約で出してはいけない広告があったりするので、規約違反の広告を報告したりする際にも使っています。」


“pyazo”!!! 社内オリジナルの呼び名まで付けて頂いてるなんて!そしてもしかしてその呼び名、"Gyazo"よりかわいいのでは…

image

(↑やさしい金子さんからのかわいがり…照)


Q3.  Gyazoが導入された理由は…?

「社内のネットワークでしか利用できないようにしているのでセキュアということ、それが一番です。

僕が入社したときには既にpyazoが使われていたんですが、最初に導入したのは、それ以前に新卒で入ったエンジニアでした。5年以上前からpyazoを使っていることになります。pyazoだと社内のネットワークからしか見ることができないので安心です。入社時から身近にあるので、もうあって当然のものになっています。」


やはり企業なのでセキュリティは最重要項目!ピクシブさんは社内サーバーを立ててGyazoを使ってくださっています。

が、このたび企業様向けにリリースされたGyazo Teamsでは同じようにセキュアな環境を一瞬で構築できるのでオススメです!!(ただいま無料トライアル受付中!期間限定なので是非。)

Gyazo Teamsはこちらから→    https://gyazo.com/teams

image
image



Q4.  なにか特殊な使い方をされていたりしますか?

iPhoneAndroidの画面を、そのまま社内Gyazoにアップできるコマンドラインツールを作っている人がいます。笑

iPhoneアプリの開発チームの人が作ったんですけど…」


そこになんと偶然、製作者のちょこめろんさんが!お仕事中にお邪魔して、少しお話を伺ってみました!

image

(↑デキる男、ちょこめろんさん)

「すごいしょうもないアプリなんですけど…笑 "pyazoめろん"です。線でつながっているスマホスクリーンショットを撮って、それをPCに転送して、それをhttpでpyazoの動いているサーバーにアップロードするっていうつくりですね。今まではiPhone等でスクリーンショットを撮って、ここからmacに画像を移して、そこからpyazoに移動して…みたいな動作が必要だったんですけど、これでだいぶ楽になりました。パソコンに繋いでいるデバイスが複数あったら複数取ってくるんですよ。50%とかスケールして撮ることもできます。」


すごい…!文系の自分には想像もつかないクリエイティビティ!GyazoAPIが公開されているので、思い通りにアレンジできるのも魅力なのです!!しかしピクシブさん&ちょこめろんさん、さすがです。



Q5.  普段Gyazoを管理していて何か言われたりしますか?

「もうGyazoはあって当たり前の空気みたいな存在

なので、特に何も言われないですね。笑 普通に動いているし、みんな誰が管理しているかも知らないんじゃないかなと思います。」


pyazo担当者は縁の下の力持ちなのですね。ピクシブの皆さん!お二人を見かけたらお菓子でもあげてください!



ということで、取材終了〜

image

取材終了後は3人でパチリ。なんと後ろで女性社員の方に「かわいい〜」と言って頂けたけど恥ずかしくて声をかけられず、、駅までの道のりを後悔して歩きました…。次回は勇気を身につけて行きます!!!ピクシブさん、金子さん、高山さん、そしてちょこめろんさん、皆様お忙しいところありがとうございました〜!



☆今回お邪魔したピクシブさん→    http://www.pixiv.net/ ☆

image



ウチもgyazo使ってるよ〜という皆様、忍者が取材にお伺いしますので、是非お声掛けくださいね!!(忍者ステッカー持っていきますよ!)

(雇われ忍者)